工事レポート 基礎工事②

老人ホーム建設現場では基礎工事が引き続き行われています。4/6(月)~4/11(土)は ①丁張(ちょうはり) ②根伐り(ねぎり) ③砕石転圧 ④捨てコン打設 の工事が行われました。

さくら四軒家_3_基礎工事_①丁張木の枠で三角形が作られていますが、これを「丁張(ちょうはり」と言います。工事に着手する前に建物の正確な位置を出すために、丁張を掛けるんですよ。

 

 

 

 

 

さくら四軒家_3_基礎工事_②根伐基礎を作るために油圧ショベルを使って地盤を掘削しました。

 

 

 

 

 

 

 

さくら四軒家_3_基礎工事_③砕石転圧

地盤を掘削した後、基礎内部に7~15cm位砕石を敷き込み、基礎が沈まないようにランマーで転圧を行いました。こうやって、住宅基礎に必要な地耐力を出すのです。

 

 

 

 

 

さくら四軒家_3_基礎工事_④捨コン打設砕石の上に、3㎝厚で生コンクリートを打設しました。なお、「捨てコン」は強度を出すためではなく、住宅の外周部や内周部に墨出しを行い、正確に施工するための補助的工事です。

 

 

 

 

4月下旬まで基礎工事は続きます。基礎工事と一口に言っても、たくさんの作業があります。なかなか目にすることのない現場の様子を、今後もできる限り皆様にレポートしたいと思います。楽しみにしていてください。

東海三県でサービス付き高齢者向け住宅に興味をお持ちの
(土地所有者様、介護会社、医療法人様)は定期的にセミナーも行っていますので、
是非ご参加ください。

mailでのお問い合わせはこちら