工事レポート 基礎工事③

基礎工事レポートの続きです。4/12(日)~4/23(木)にかけて、①墨出し ②外枠の建込 ③配筋 ④コンクリート打設 ⑤内枠の建込 の工事が行われました。

さくら四軒家_4_基礎工事_⑤墨出型枠・鉄筋の位置などを正確に出すために、捨てコンの上に墨で印をつけています。これを墨出しといいます。

 

 

 

 

 

さくら四軒家_4_基礎工事_⑥外枠墨に沿って建物の外周部に外枠を組みました。

 

 

 

 

さくら四軒家_4_基礎工事_⑦鉄筋捨てコン・砕石の決められた位置に鉄筋を並べ、結束線と呼ばれる針金をハッカと呼ばれる道具で固定を行いました。これが配筋です。
配筋検査も行われ、それぞれの鉄筋の太さや間隔、長さなどが検査されました。

 

 

 

 

さくら四軒家_4_基礎工事_⑩コンクリート打設配筋工事が完了したら、コンクリートを流し込みます。トンボや金ゴテを使って平らに仕上げています。

 

 

 

 

 

さくら四軒家_4_基礎工事_⑪内枠外周部に対して鉄筋を挟み込むようにどんどん組んでいきます。間取りや各部屋の大きさなどがだいぶわかるようになりました。

 

 

 

 

 

基礎工事の中身は本当に盛沢山ですね。いろいろな作業が行われているんだなぁ、と写真を見て実感して頂けるとうれしいです。基礎工事はまだ続きます、またレポートします。

東海三県でサービス付き高齢者向け住宅に興味をお持ちの
(土地所有者様、介護会社、医療法人様)は定期的にセミナーも行っていますので、
是非ご参加ください。

mailでのお問い合わせはこちら