ブログ

こちらは、名古屋市守山区下志段味の有料老人ホームの建設現場です。外壁工事をやっていて、白い壁がつきました。20151121_下志段味老人ホーム_10

下の写真は断熱材です。20151121_下志段味老人ホーム_10②

20151113_下志段味老人ホーム_9こちらは、名古屋市守山区下志段味の有料老人ホームの建設現場です。ちょうど一週間前に上棟しましたが、今では屋根がついて、だいぶ建物らしくなってきました。

「ひよこ」の垂れ幕が目印です。お近くにお立ち寄りの際は是非チェックしてくださいね。

20151113_下志段味老人ホーム_9②

20151107_下志段味老人ホーム_8_上棟①こちらは名古屋市守山区下志段味の有料老人ホーム建設現場です。
昨日11/6(金)に上棟しました。快晴の天気に恵まれました!ただ、秋で紅葉が美しい季節にも関わらず、この日は「夏日」!とても暑い日でした。記憶に残る上棟の日となりました。

20151105_下志段味老人ホーム_7_もうすぐ上棟こちらは名古屋市守山区下志段味の有料老人ホーム建設現場です。明日の上棟を控え、現在足場を組んでいます。

20151028_下志段味老人ホーム_6_基礎(立上)いよいよ基礎工事も最終!立ち上がりのコンクリートを打設しています。

20151021_下志段味老人ホーム_5_基礎(配筋)決められた位置に鉄筋を並べ、結束線と呼ばれる針金をハッカと呼ばれる道具で固定を行いました。これが配筋です。建物のコンクリートの中には、このような配筋が組み込まれているんですよ。

20151016_下志段味老人ホーム_4_地盤改良今日も秋晴れの、いい天気です。ただ、朝晩はずいぶんと冷え込むようになり、一日の気温差が大きくなってきました。皆様、体調崩されないようご自愛ください。

こちらは、名古屋市下志段味の有料老人ホーム建設予定地です。現在、地盤改良を行っています。柱状改良という方法なのですが、跡はわかりますか?写真で、ところどころに”円い穴の跡”があるところです。ドリルで棒状の穴を空けてセメントと土を混ぜたものを埋め戻した跡なんですよ。

下志段味老人ホーム_3_土の入れ替えこんにちは。9月に入ってから、ぐっと涼しくなり、過ごしやすくなりましたね。
 右は守山区下志段味・有料老人ホーム建設予定地の最新の写真です。もともと田んぼで水分の多い土だったため、現在、土の入れ替え作業を行っています。

下志段味老人ホーム_2_地鎮祭8/30(日)に守山区下志段味・有料老人ホーム建設予定地にて地鎮祭を行いました。厳かな雰囲気の中、つつがなく行うことができました。今後は工事が始まります、また都度レポートさせていただきます。

下志段味老人ホーム_1_before守山区下志段味にデイサービス付きの有料老人ホームを建設させて頂くことになりました。H28年2月OPENに向けて工事を進めて参ります。なお、明後日の日曜日に地鎮祭を行います、またその様子もUPいたしますね。

皆様、お久しぶりです。レポートがあいてしまってすみません。老人ホーム建設工事は順調に進んでいて、既に2Fの部屋もでき始めていますよ。

さくら四軒家_7②ここは2Fです。この広いスペースは機能訓練室や食堂になります。窓の左手に見える四角いスペースはエレベータですよ。

 

 

 

 

 

 

 

さくら四軒家_7③2Fの浴室です。

 

 

 

 

 

 

 

屋根♪さくら四軒家_7①

今日の工事現場です。昨日からわずか1日ででもうこんなに柱が建ちました。(2015.5.14)

さくら四軒家_6_上棟2

本日、上棟しました。天気に恵まれてよかったです(^o^) (2015.5.13)

さくら四軒家_6_上棟

基礎の上に木の土台を敷きました。建物を支える基礎と建物本体の骨組みをしっかりとつなぐのが、土台の役割です。なお、この建物は木造なので、今後はこの土台の上に木の柱を建て、骨組みを作っていきます。

さくら四軒家_5_土台敷(H27.4.30撮影)

さて、いよいよ基礎工事も最終!立ち上がりのコンクリートを打設しました。まず内枠の中にコンクリート+レベラーを流し込み、固まったら、内枠を外します。これで基礎の完成です。

さくら四軒家_4_基礎工事_⑫立上1

内枠の中にコンクリートを流し込み、さらにコンクリートの上にレベラーを流し込みます。レベラーは立ち上げコンクリートの天面の高さを揃え、水平にし、凸凹をなくすために使われます。(H27.4.25撮影)

 

 

 

 

さくら四軒家_4_基礎工事_⑫立上2

内枠を外しました。基礎の立ち上がりコンクリートができました。部屋の配置がよくわかりますね。(H27.4.26撮影)

 

基礎工事レポートの続きです。4/12(日)~4/23(木)にかけて、①墨出し ②外枠の建込 ③配筋 ④コンクリート打設 ⑤内枠の建込 の工事が行われました。

さくら四軒家_4_基礎工事_⑤墨出型枠・鉄筋の位置などを正確に出すために、捨てコンの上に墨で印をつけています。これを墨出しといいます。

 

 

 

 

 

さくら四軒家_4_基礎工事_⑥外枠墨に沿って建物の外周部に外枠を組みました。

 

 

 

 

さくら四軒家_4_基礎工事_⑦鉄筋捨てコン・砕石の決められた位置に鉄筋を並べ、結束線と呼ばれる針金をハッカと呼ばれる道具で固定を行いました。これが配筋です。
配筋検査も行われ、それぞれの鉄筋の太さや間隔、長さなどが検査されました。

 

 

 

 

さくら四軒家_4_基礎工事_⑩コンクリート打設配筋工事が完了したら、コンクリートを流し込みます。トンボや金ゴテを使って平らに仕上げています。

 

 

 

 

 

さくら四軒家_4_基礎工事_⑪内枠外周部に対して鉄筋を挟み込むようにどんどん組んでいきます。間取りや各部屋の大きさなどがだいぶわかるようになりました。

 

 

 

 

 

基礎工事の中身は本当に盛沢山ですね。いろいろな作業が行われているんだなぁ、と写真を見て実感して頂けるとうれしいです。基礎工事はまだ続きます、またレポートします。

老人ホーム建設現場では基礎工事が引き続き行われています。4/6(月)~4/11(土)は ①丁張(ちょうはり) ②根伐り(ねぎり) ③砕石転圧 ④捨てコン打設 の工事が行われました。

さくら四軒家_3_基礎工事_①丁張木の枠で三角形が作られていますが、これを「丁張(ちょうはり」と言います。工事に着手する前に建物の正確な位置を出すために、丁張を掛けるんですよ。

 

 

 

 

 

さくら四軒家_3_基礎工事_②根伐基礎を作るために油圧ショベルを使って地盤を掘削しました。

 

 

 

 

 

 

 

さくら四軒家_3_基礎工事_③砕石転圧

地盤を掘削した後、基礎内部に7~15cm位砕石を敷き込み、基礎が沈まないようにランマーで転圧を行いました。こうやって、住宅基礎に必要な地耐力を出すのです。

 

 

 

 

 

さくら四軒家_3_基礎工事_④捨コン打設砕石の上に、3㎝厚で生コンクリートを打設しました。なお、「捨てコン」は強度を出すためではなく、住宅の外周部や内周部に墨出しを行い、正確に施工するための補助的工事です。

 

 

 

 

4月下旬まで基礎工事は続きます。基礎工事と一口に言っても、たくさんの作業があります。なかなか目にすることのない現場の様子を、今後もできる限り皆様にレポートしたいと思います。楽しみにしていてください。

さくら四軒家_基礎工事 -2ここは、名古屋市四軒家の老人ホーム建設現場です。地盤の柱状改良が終わり、基礎工事に入っています。4月下旬には上棟を予定しています。

さて、柱状改良の跡はわかりますか?写真で、ところどころに”円い穴の跡”があるところです。ドリルで棒状の穴を空けてセメントと土を混ぜたものを埋め戻した跡なんですよ。

3月29日(日)に守山区瀬古東に建設した保育園の完成見学会を行いました。当日は生憎の雨で、お足元の悪い中、多くの方がご来場くださいました。一日限りの見学会だったのですが、朝から夕方までご来場者が絶えることなく、とても賑やかで活気のある見学会となりました。本当にありがとうございました。この見学会が、遊休地をお持ちの方々に土地活用を考えて頂くきっかけになればと思います。

なおこの保育園は、地主様と保育園運営事業者様とを弊社でマッチングさせて頂き、名古屋市の賃貸型保育園の公募に応募し、名古屋市から選定を受けて弊社が建設させて頂いたものです。平成27年度も賃貸型保育園の名古屋市公募がありますので、保育園による土地活用をお考えの方は是非、弊社にご連絡ください。

DSC02651_縮小暖かくなり桜がちらほらと咲き始めましたね。写真は老人ホーム建築現場近くにある桜並木です。毎年、桜が咲くと、桜のトンネルが楽しめる絶好の道です。満開になるのは来週末ぐらいでしょうか。今から楽しみです。