こんな場合は高齢者専用の賃貸住宅

2等立地を活かすなら・・・

【アパート経営】
●生産者人口の減少⇒空室問題が増加
【サービス付き高齢者向け住宅経営】
●高齢者人口の増加⇒高齢者の住居が不足

≪効果≫
少子高齢化が住宅業界に与える課題
①一般アパートの空室問題
②独居高齢者などの住居が不足

⇒病院を退院して行き場を無くした高齢者や、
施設入居の順番を待つ高齢者の受け皿として住居を提供。
地域の高齢者とその家族を救う=地域貢献事業。

≪結論≫

これからのサービス付き高齢者向け住宅経営は地域貢献性の高い事業です!


 

2等立地を活かすなら・・・

【アパート経営】
●駅前、好立地が絶対条件
●2等立地では入居募集に苦戦
【サービス付き高齢者向け住宅経営】
●入居者は要介護者が多い
●外出頻度は少なく、
 落ち着いた静かな環境が好まれる

≪効果≫
遊休地のままではもったいない。高齢者専用の賃貸住宅も賃貸住宅の評価減&減税の対象です。
・相続税対策(高齢者専用の賃貸住宅を建築→ 「貸家建付地」として1割~2割の評価減)
・固定資産税1/6に
・都市計画税1/3に

≪結論≫

高齢者専用の賃貸住宅であれば、2等立地の遊休地が活用できます!


 

収入を高めたいなら・・・

【アパート経営】=駐車場が多数必要
●駐車場【多】→居室数【減少】→低収入
【サービス付き高齢者向け住宅経営】=駐車場は少しでOK
●駐車場【少】→居室数【増加】→高収入

≪効果≫
※借上家賃@45,000円の例で比較(借上家賃は地域特性、市場性等を考慮の上、個別に査定させていただきます)
物件概要

≪結論≫

居室数を増やして収入を高めたいなら高齢者専用の賃貸住宅が優位!


 

収入を高めたいなら・・・

【アパート経営】
●マンションが隣に建つと競争力が低下
●一般のアパートは新築が優位
【サービス付き高齢者向け住宅経営】
●高齢者住宅の中でも
 空白マーケットがターゲット
●年数経過=高齢者住宅「運営実績」の
 蓄積=競争力UP

≪効果≫
グラフ

≪結論≫

付加価値付の高齢者専用の賃貸住宅であれば、高い競争力(価値)を維持できます!

 

高齢者専用の賃貸住宅の入居者ターゲットは介護度2~3

要介護度 身体の状態(例)
要支援1・2 ■基本的に日常生活の能力がある。
■入浴や家事等に一部介助が必要
要介護1 ■立ちあがりや歩行が不安定
■入浴や家事等に一部介助が必要
要介護2 ■起き上がり等が自力では困難
■排泄、入浴等で一部または全体の介助が必要
要介護3 ■起き上がり、寝返り等が自力では困難
■排泄、入浴、衣服の着脱等の全体の介助が必要
要介護4 ■排泄、入浴、衣服の着脱等の日常生活のほとんどで全面的な介助が必要
要介護5 ■意思の伝達が困難
■生活全般について、全面的な介助が必要

Q&A