老人向け施設の種類と違いQ&A

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)とは? 
  • 通称“特養”と呼ばれ、日常生活の介護や機能訓練、健康管理、レクリエーションなどのサービスが中心の施設です。
    在宅での介護が難しいような重度の要介護認定者の優先順位が高いので、入居待機者が多いのが現状です。

    要介護認定者で、原則65歳以上の在宅にて介護が受けられない方が対象となります。
  • 介護老人保健施設とは? 
  • 通称“老健”と呼ばれ、病状は安定し、リハビリテーションに重点を置いた医療ケアと介護が必要な方が入所する施設です。
    在宅復帰を目指し、病院と自宅の中間的な役割を果たすため、入所期間は基本的に3ヶ月~6ヵ月程度と短めになっています。

    要介護認定者で、原則65歳以上。病状は安定しているが、自宅で自立して生活するには不安のある方が対象となります。
  • 軽費老人ホームとは? 
  • 60歳以上の方を対象として、低額な料金で日常生活上必要なサービスを行う、入所型の施設です。
    A型、B型、C型(ケアハウス)の3種類があり、対象となる方が違います。

    A型・B型は、60歳以上で家庭事情等により居宅での生活が困難な方。
    C型(ケアハウス)は、60歳以上で介護は不要だが、身体機能の低下や独立して生活するには不安や問題を抱えている方が対象となります。
  • 養護老人ホームとは? 
  • 日常生活上必要なサービスを長期的に提供する施設です。
    医療面・福祉面、両サービスを併せて提供できます。行政が管轄している施設のため、入所相談は福祉事務所または市町村が窓口となります。

    65歳以上で、心身上、環境上、経済的な理由等により、家庭での養護が困難と認められた方が対象となります。
  • 有料老人ホームとは? 
  • 介護サービスや日常生活のサービスを行う民間の施設です。
    終身介護に対応する施設から健康な方のみを対象とするところまで入居条件は様々。介護付・住宅型・健康型の3種類があります。

    入居条件は事業者により様々です。各種サービスを受ける費用は、全額入所者負担の為、負担費用は高額になります。
  • グループホームとは?
  • 施設所在地と同じ市区町村にお住まいの方が対象となるサービスのひとつです。
    施設の形態は様々ですが、主に認知症の高齢者が5~9人を1ユニット(最大2ユニット)として、家庭的な雰囲気の中で介護サービスを受けながら、共同生活をする施設です。  

    要介護認定者で、認知症の方のうち少人数による共同生活を営むことに支障のない方が対象です。
  • デイサービスとは?
  • 主に午前中から夕方まで預かり、入浴・食事・機能訓練・リハビリレクリエーションを行う施設です。
    要支援・要介護認定者の方で日常生活を営むのに支障のある方が対象です。
  • サービス付き高齢者向け住宅とは?
  • 介護と医療提携を図り、高齢者が安心して生活できる住宅(地域包括ケアシステムのひとつ)です。
    安否確認や生活相談サービスがあり、入居時の料金も礼金・更新料は不要。

    高齢者が対象ですが入居条件は事業者により異なります。

サービス付き高齢者向け住宅とは

メールでのお問い合わせ